不動産売却の完全マニュアル - 世界一わかりやすい不動産売却術

不動産売却の完全マニュアルイメージ画像

不動産の価値は毎年変化していっている今の時代、家やマンション、土地などの不動産を売却する時にさまざまな疑問や悩みをもつ方は多いと思います。

あなたは、

「家を売却したいけど、どの不動産会社に頼めばいいかわからない・・・。」
「不動産の売却を考えた時にどのような事に注意すればいいのだろう?」
「不動産を売る時の必要書類やかかる費用はいくらなの?」

というような疑問を抱えていませんか?

このような疑問を抱えながら、より高く売却できる不動産会社を探すのはとても大変です。

そんな方達のために、「世界一わかりやすい不動産売却術」では【不動産売却の基礎知識】や【これだけは知っておきたい不動産売却の豆知識】をわかりやすく解説し、不動産が高く売れる方法はもちろん、なるべくスムーズに不動産の売却を進める方法などを真剣にお伝えしていきます。

当サイトが、不動産一括査定サイトを比較してあなたに1番合った不動産会社を見つける手助けができれば幸いです。

不動産売却の一括査定サイトとはどういうものか?

不動産一括査定サイトについてイメージ画像

住マイくん
不動産の一括査定ってどんなサービスなの?なんか不動産を高く売ることが出来たってよく聞くけど、どんなサービスか教えてよ!

不動さん
車の査定とかでも同じようなサービスがあるよね?たとえばリクルートが運営している、カーセンサーとかが有名かな?厳密には少し違う部分もあるけど、一度に複数の査定を受けれるという点は同じサービスだよ!

不動産一括査定サイトがどんな仕組みかご存知でしょうか?

簡単に説明すると、売り手に複数の不動産会社を1回で紹介してくれるサービスのことです。

不動産一括査定サイトの仕組み

一括査定サイト説明図イメージ画像

上の図のように、複数の不動産会社で査定を受けようとしたら、自分で探してきたそれぞれの会社に連絡をしなければいけません。

しかし一括査定サービスを利用すれば、入口となるひとつのサイトに情報を入力することで複数社への査定依頼が一括で完了するのが最大の特徴です。

そう、まさにインターネット通販で欲しい物を探すような便利さでしょう。

住マイくん
自分でたくさんの不動産会社に連絡をしなくてもいいから手間が省けるね!

またどこがサイトを運営しているのか?それを詳しく見ることで、サービスの特徴がわかってきます。

なお最初に紹介したサイトは、不動産だけがメインの事業ではない会社がサービスを提供しているのが大きな特徴です。
具体的にはWebマーケティングを得意とする、ベンチャー企業や大手の別事業部が運営しているケースが多いでしょう。

もちろんサイトを運営すること自体はまったく問題ないですが、不動産を仲介するには「宅地建物取引業」という免許が必要です。
これらの免許を持っていない会社は、直接不動産を取り扱うことはできません。

そのため一括査定サイトは、直接不動産を取り扱う事ができる会社を紹介することが役割です。(専門知識をもっている社員がいる運営会社もある。)

また紹介した時の報酬は不動産会社側が集客の対価として、一括査定サイトに支払う仕組みとなっているのも不動産一括査定サイトに共通する特徴です。

住マイくん
なるほど~!つまり不動産一括査定サイトは、「不動産会社を一度に複数紹介してくれるサービス」ってことだね!自分でいくつも不動産会社を探すのは大変だから一括して任せちゃおうってことかな?

不動産一括査定のメリット・デメリット

不動産一括査定のメリット・デメリット

不動産一括査定サイトにも、メリットとデメリットがあります。
それが何か知っていますか?

メリットは手軽に無料で利用できる、デメリットは一括査定で紹介される不動産会社がすべてではないということです。
そして注意点として、不動産会社によって提示される査定額にも違いがあります。

それぞれ詳しく解説していきましょう。

不動産一括査定のメリット

あなたは「簡単に費用をかけないで不動産会社を探したいな」と思ったことはありませんか?

不動産一括査定サイトを利用する時の1番のメリットは、そんなあなたにピッタリな「手軽」で「無料」に利用できることでしょう。

「手軽」な理由としては「不動産の査定をしてもらいたい」と思った時に、インターネットにつながる環境があればいつでもどこでも査定依頼ができるからです。
さらに登録にかかる時間も、数分~数十分とあっという間に終わります。

いつでもどこでも簡単に査定依頼ができることは、大きなメリットでしょう。

そう、まるで、ドラえもんの「どこでもドア」が使えるような手軽さです。

またほとんどの一括査定サイトでは、登録料や一括査定依頼の費用は「無料」なのも嬉しいポイント。
そのほかにも、複数の不動産会社から査定結果をすぐに集めることが出来ます。

つまりこれまで一社一社依頼していたことが、たった一回の申込みでできてしまうので手間や時間を短縮することが可能です。

なお査定をしたあとに、「どの不動産会社へ仲介をお願いしようか」と考えた時も机上査定を受けた後であれば選びやすいでしょう。
媒介契約を結ぶ不動産会社は最終的に自分で選ぶので、希望に合わない不動産会社を簡単に除外できるのも魅力のひとつと言えます。

住マイくん
無料で簡単に不動産会社を選べるね!

不動産一括査定のデメリット

いいこと尽くしに思える不動産一括査定サイトですが、実はデメリットもあるので注意しましょう。

そのデメリットは一括査定を行うと各不動産会社から、電話やメールによる営業が一斉にくる可能性があります

たしかに複数社の不動産会社から、「一斉に連絡が来るのは面倒だ」と思うかもしれません。
しかし不動産会社からすると、一括査定を依頼してくれた人は大切な顧客です。

そのため物件売却を自社でやってもらおうと、営業をしてくるのは当然の流れでしょう。

もしあなたが「単に相場価格を知りたいだけ」「まだ売却を依頼する気はない」という場合は、一括査定サイトを利用する時にはあまり多くの不動産会社を選択しない方がいいです。

また一括査定サイトの情報が、現時点で得られる「情報のすべて」とは限りません。
一括査定サイトによって登録されている不動産会社は違います

中には一括査定サイトに登録していないけれど、その地域に特化した優秀な不動産会社があるかもしれません。

ちなみに不動産会社は全国で約12万業者あります。
それに対して一括査定サイトに登録している不動産会社は、平均500~1,200社ほどです。

つまり大手の一括査定サイトでも、紹介できる不動産会社は全国の1%ほどしかないということですね。
もちろんその分優秀な不動産会社を精査しているので、質の悪い悪徳不動産会社につかまりにくいというメリットはあります。

不動産一括査定を利用する時の注意点は?

一括査定サイトを使ってみた方のよくある感想で「同じ物件でも、不動産会社ごとに査定価格が違ってくる」ということがあります。

もちろん「より高く査定してくれる不動産会社」を探すのも大切です。
しかしその前に、この物件はこれくらいで売れるだろうという物件が実際に売れる価格の基準がわかるようにしておきましょう。

また一括査定サイトで査定を依頼した後は、各不動産会社から「訪問査定の確認」が来ます。
この時にすべての不動産会社の対応をすると、かなり時間が必要なので訪問査定を依頼する不動産会社は、1~3社程度に絞り込んでおくといいでしょう。

つまり一括査定(=机上査定)で得られる情報は、あくまで不動産売却に関する情報の一部でしかないということです。
最終的な売却価格を見積もっていくには、机上査定をしてから不動産会社の訪問査定を受けて売出価格を決定していく必要があります。

住マイくん
一括査定の査定価格で売却できるわけではないのか。

不動産一括査定サイトで高く売るには「比較」が必須!

不動産を高く売るには「比較」が必須!画像

メリットやデメリットがわかったところで、不動産をより高く売るためには何をしたらいいと思いますか?

それは複数社の査定額を比較することでしょう。

なぜなら不動産会社によっても査定額が違うので、より相場に近くて高い査定額を提示してくれる不動産会社を見つける必要があるからです。

不動産(家、マンション、土地)査定や売却は、よほどたくさんの土地を持っている地主やお金持ちや不動産業を営んでいるような人でもない限り、人生で一回あるかないかの出来事でしょう。
不動産会社選びの時に運よく良心的な不動産会社が見つかればいいのですが、中には知識の少なさに漬け込んで足元を見てくる会社もたくさんいるというのが現状です…。

不動さん
人生でも数回しかない大きな取引だから比較は必ずしよう!

不動産の悪徳業者に気をつけよう

不動産査定をするのであれば、最低限の知識を身につけて必ず「比較」をすることが大切です。

しかし自動車やバイクなどと比べても、不動産は一般の人からすると「相場」がわかりづらいので、初心者の方には騙されやすい業界と言えるでしょう。

たとえば訪問営業で突然やってきた営業マンの話しを聞いて、サクっと「言い値」で売ってしまう方や、近所の不動産会社や大手の不動産会社1社に査定や見積もりをしてもらい、そのままその不動産会社に依頼している人も多いのではないでしょうか。

営業マンを相手にしているその時は納得できたり、自分で色々調査する時間がもったいないと思ってしまうかもしれません。
その場合、後で「もっと慎重に業者を選んでおけばよかった」と後悔することになるかも。

住マイくん
不動産を売る時の知識を身に付けて悪い不動産会社に騙されないようにしないと・・・。

売却は慎重に進めることが大切

不動産の売却は数百万円〜数千万円と、人生でも一大取引になるので慎重かつ合理的に進める必要があります。

一般的に不動産は人生で一番高い買い物とも言われていますが、売却する側も不動産会社選びで失敗した時の損失はマンション一部屋で300万円以上になることもあるそうです・・・。

ここまで読んでいただいている方であればもうわかるかと思いますが、不動産査定でもっとも大切なのは「比較」を行うことです!
そしてそれが簡単で確実に合理的にできる方法は、「不動産一括査定」でしょう。

たしかに実際には、「もともと付き合いがある長い不動産屋に…」「新居を担当している不動産屋が買取もしてくれるっていうしな…」と人によってさまざまな状況があると思います。
しかしまずは、一括査定を行って複数社からの「リアルな見積り」「相場感」を把握しておくことが非常に重要です。

また依頼したからと言って必ず売却しなくてはいけない。ということはありません。

もちろん近場の不動産会社や、大手の不動産会社でも親身になってくれる不動産会社も多くあります。
しかし何も情報を持たないまま査定しても、営業マンのうまい口車に惑わされてしまうことでしょう。

今の時代インターネットやスマホが普及していているので、オンラインの一括査定を利用すれば申し込みは5分ほどで完了しますし、そのあと数時間でその物件の価値や相場がハッキリとわかります。

不動さん
不動産を売却することは大きな取引なるから、多少は時間をかけて慎重になった方がいいよ!

損をしないためにはオンラインの一括査定を利用しよう

インターネット上の一括査定サイトは大手不動産会社から地元の不動産屋まで、各サイトのデータベースにある数百社からマッチングする数社をピックアップして無料で相見積を取ってもらうことができます。

不動産の相見積を取る時に、比較する会社が多くて損する事はありません。
不動産一括査定サイトはWEBとインターネットが普及した現在だからこそできる「不動産査定で損をしない為の必須条件」です。

住マイくん
比較することって大事なんだね!!自分だけで何も知らずに進めてたら損して後悔するところだった・・・。早めにわかってよかった~。

不動さん
今の時代たくさんの買取会社があるし地元の不動産会社を含めたらとても自分だけで調べきれないと思うよ。そこで効率よく不動産会社を見つけて比較するために一括査定サイトを利用するといいんだよ!

今注目すべき不動産一括査定サイトは?

今、ネットで不動産を売却するときにおすすめなサイトは「EGENT」です。

EGENTが他の不動産売却一括査定サイトと違うのは、普通の一括査定サイトでは不動産会社を紹介するのに対して担当者を紹介してくれるというところです。

一括査定サイトで紹介された不動産会社がどんなにいい会社でも、担当者は選べません。
すべての担当者があなたと合うとは限りませんし、担当者変更は難しいことなので、はじめから担当者を選べるということは、不動産売却を進めるのには大きなメリットがあります。

EGENTのことを詳しく書いている記事をぜひチェックしてみてください。

【EGENTの特徴・口コミ】専門性の高い担当者とつながる仕組み!

厳密にいうと、EGENTは不動産査定サイトと言うよりは担当者とのマッチングサイトと言ったほうがしっくりくるサイトです。
自分の不動産に合ったスキルを持っている不動産売却担当者を選ぶことによって、理想の不動産売却を実現することができるでしょう。

不動産売却で一括査定サイトを利用する時のポイント

不動産一括査定を利用する時の4つのポイント画像

住マイくん
一括査定サイトを利用すれば自分に合った不動産会社が見つけることができて、比較もできることがわかったし、不動産1社に絞って進めようかな!

不動さん
ちょっと待って!不動産一括査定を利用する時の注意点があるから教えておくよ!4つだけだからすぐ終わるし聞いてくれる?

ここまで読んで頂いていれば、一括査定サイトのことはある程度理解できたと思います。
では実際に一括査定サイトを利用しようと思った時に、どんなことに気を付ければいいのでしょう?

一括査定サイトは使い方を誤らなければとても便利なサービスです。
4つのポイントを紹介するので押さえておきましょう!

ポイント1:簡易査定と訪問査定は目的に応じて選びましょう!

簡易査定と訪問査定は目的に応じて選びましょう!

一括査定サイトでは、「簡易査定(机上査定)」「訪問査定」を選べるようになっていて、それぞれの違いは次の通りです。
どちらにもメリットとデメリットがあるので確認しておきましょう。

査定方法 概要
訪問査定実際に物件があるところまで担当者が訪問して査定を行う方法。実際に物件を見るので机上査定に比べて精度は上がるが、複数の不動産会社に依頼するとその度対応が必要になる。
簡易査定オンライン上で査定を完結させる方法。境界の問題など直接確認しないと物件や周囲の状況がわからないので、実際の価格や各社の査定額に差が出やすい。
住マイくん
「訪問査定」は正確な査定額だけど対応が大変、「簡易査定」はオンライン上で査定が出来るけど正確な査定額はわかりにくい。ってことだね。

あなたは「どれぐらいの精度で査定額を知ることができるのか?」と疑問に思うかもしれません。
しかし今回は、「どういう目的で利用するか」で考えてみましょう。

主に査定を受ける目的は主に2つです。

① 契約を結ぶ不動産会社の選択をするため
② 物件のおおよその相場を知るため

「1」や「1と2」を2つ同時に行いたい場合は、ある程度の手間を覚悟しなければいけませんが、この場合は複数社に「訪問査定を依頼する方」が適しています
ただし一括査定サイトに登録されている不動産会社は、全国の不動産会社ではありません。

そのため必ず自分の希望する会社に出会えるとは限らないでしょう。

逆に「おおまかな査定額を知りたい」もしくは「だいだいの査定額を知ってから考えたい」と思うのであれば「簡易査定」で十分です

またオンライン査定では、営業的な一面もあることのであえて少し高めの金額を提示することがあります。
それでも完全にデタラメな査定額を出すわけではなく、路線価や周辺の取引状況などを参考にして出した上で算出するので安心してください。

不動さん
およその金額といってもデタラメではなくて、ちゃんと計算されて算出した査定額ってことだね!

また相場よりあまりにも高い査定を出す会社があれば、査定の精度やサイトの体制を疑う材料になるでしょう。

そして複数社の査定額を見ればある程度の価格範囲に収まるので、おおよその相場観を養うことができます。
その場合は最低4社、できれば5社6社ほど査定してもらう会社を選んでおけば、仮に相場から外れた査定額を提示する会社があっても他の会社を比較すれば相場観がわかるでしょう。

たしかに「査定依頼をする会社が少し多い」と思うかもしれませんが、だからこその簡易査定です。

たくさんの不動産会社に訪問査定を依頼してしまうと大変ですが、簡易査定である程度の相場観を掴んで適正価格を提示してくれる会社を絞り込めれば、その中から不動産会社を絞って訪問査定を依頼すればいいでしょう。

実際に訪問査定を依頼する会社は2~3社あれば十分です。

住マイくん
一括査定サービスを利用する時は目的を決めて、使い方を考えることが大切だね。

ポイント2:簡易査定の査定額はあくまで参考

簡易査定の査定額はあくまで参考

簡易査定の査定額は周辺の取引状況を参考にして算出します。
さらに「査定額が参考でしかない理由」も解説しておきましょう。

① 不動産は同じものがないので、周辺の事例を参考にする
② 不動産は仲介で取引されることが多いので、査定額=売却価格ではない
③ 査定は営業目的でもあるので、条件のいいケースの最高額を提示されることもある

ここにもうひとつ加えるのであれば、査定はあくまでも査定なので「鑑定」とは違います

不動産の鑑定は不動産鑑定士という資格を持った人が行うもので有料です。
いわば不動産の「価値」を知るための方法が鑑定でしょう。

それに対して査定は鑑定士が行うわけではありません。
鑑定士でないから悪いということではないですが、鑑定と違って査定は不動産を売り出す前の想定価格を提示するものです。

そしてあなたも「鑑定された価格ではなく、売った時にいくらになるか?」という値段がわかればいいのではないでしょうか?

それでも実際に売却した時に、多少は価格が上下してしまうことを認識して査定額だけで会社の良し悪しを決めてしまわないように気を付けてください。

一括査定で高く売れる会社を選んで、不動産会社の「仲介力」によって査定された通りの価格で売却されるならいいですが、査定価格では実際に売れるまでに時間がかかったり、売れなくなるリスクもあります。
売却価格はその時の相場や状況によって、臨機応変に値下げが必要な時があることも覚えておきましょう。

不動さん
不動産会社の査定で高い査定額を出ても、実際に不動産を高く売ることは別物です。

ポイント3:サイトごとに登録されている会社は違う

サイトごとに登録されている会社は違う

最初に紹介した3つのサイトは、登録されている不動産会社がそれぞれ違います。
単に登録のために営業した不動産会社の違いですが、同じ地域を入力した際にまったく違う候補が出てくることもあるでしょう。

当サイトではオススメの一括査定サイトを紹介していますが、不動産会社の登録件数で順位を付けている訳ではありません。

たしかに登録数が多ければ候補が多くなりますが、同程度の登録数でも地域と物件によって結果が違ってくるので、登録数で決めてしまうのは違うと思ったからです。
そのため気に入る候補の不動産会社が見つかるかは、実際に試すしかないので入力して候補の画面を確認するのが1番いいでしょう。

これは契約する会社を探す目的の時も同じで、ひとつのサイトですべての不動産会社を網羅しているわけではないことを知っておいてください。

住マイくん
候補の不動産会社が見つからなくても、他のサイトで探したら見つかるかもしれないね。

ポイント4:媒介契約は慎重に行いましょう

媒介契約は慎重に行いましょう

不動産会社にとって査定は営業目的も含んでいますが、それはあくまで不動産会社側の都合です。
査定を依頼する時に、あなたが「査定額を知りたいだけ」などの理由がある場合は、ムリに契約をすることはないでしょう。

価格相場を知りたいだけなら簡易査定の比較でも十分ですし、訪問査定を依頼する必要もありません。

では契約の種類について少し説明しておきましょう。
不動産仲介の契約には次の3種類があります。

契約 概要
専属専任媒介契約販売活動のすべてをひとつの不動産会社に依頼する
専任媒介契約販売活動をひとつの不動産会社に依頼して自分でも販売が可能
一般媒介契約複数の不動産会社に販売活動を依頼して自分でも販売が可能
不動さん
不動産会社と結ぶ契約は3つの種類があるよ。

最後の「一般媒介契約」以外は複数の会社と契約を結ぶことはできません。

特に希望がなければ、他の「専属専任媒介契約」や「専任媒介契約」を結ぶのが普通です。

こう見ると「一般媒介契約」がよさそうですが、複数社が取り扱う物件に力を入れて売却活動をしてくれることは少ないので、あまりいいとは言えないでしょう。

そして専任媒介契約の場合は、契約した不動産会社の力量によって、売れる価格やスピードが大きく左右されるので、不動産会社選びはとても重要です。

査定依頼する不動産会社の数を広げるのは簡易査定まで、訪問査定の段階では不動産会社の数を絞り込み、慎重に検討することをオススメします。

不動さん
どう?知っておいてよかったでしょ?そのまま進めるよりもだいぶ具体的に考えることができるようになったと思うけど?

住マイくん
たしかに~!一括査定サービスに申し込んでもその後はどうすればいいかわからなかったけど、これなら申し込んだ後にどうすればいいのかもわかりやすいね!!

不動産一括査定サイトで必要な書類は?

不動産売却に必要な書類画像

住マイくん
よし!じゃあさっそく準備を始めなきゃ。まずは不動産会社を絞り込んで、訪問査定をしてもらう・・・。あ!そういえば不動産の売却に必要な書類って何がいるの?

不動さん
そう来ると思って調べておきました!書類は誰しもが必要になるし、何を用意すればいいか必ず調べるからね。

ここからは、不動産売買に必要な書類について説明しましょう。

不動産の取引において必要な書類は、「売る時に必要な書類」と「買う時に必要な書類」があります。
そして不動産売買に必要な書類では、「買う時に必要な書類」より「売る時に必要な書類」の方が重要です。

買う時の書類は、用意する書類に不備があってもあとから対応すれば問題ありません。

しかし売る時に関しては、重要な書類が無いと用意するのに時間がかかるなど、大きなトラブルになったり不動産査定をする時に影響が出る書類もあります。

不動さん
話しがまとまってから、やっぱりこういう情報がありました。と言っても受け入れてもらえないケースもあるよ。

不動産売却で基本的に必要な書類

不動産売却で基本的に必要な書類

このように売却を検討する時や査定をしてもらう前には、必ず最初に必要な書類を用意しておくようにしましょう。
不動産売却で必要な書類については、一戸建てや集合住宅・物件の種類などによって異なる部分もあります。

より詳細な物件情報を求められるので、必ず不備がないように住んでいる物件に合わせて用意しましょう。

+クリック「登記済権利書または登記識別情報」

 

一番重要な書類で、登記済権利書登記識別情報があります。
これは法務局から登記名義人に公布される書類で、登記名義人が所有者である事を照明する書類です。

平成17年以降に登記された物件に関しては「登記済権利書」の変わりに、「登記識別情報」が発行されている場合もありますが権利書と同じ役割をします。

この登記済権利書などを買い手に渡す事で移転登記を行う事ができ、物件の所有権を買い手に移す事が可能です。

住マイくん
「登記済権利書」が必要。メモメモ。

+クリック「 固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書」

続いて固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書です。

こちらは固定資産税に未納がないかを確認したり、移転登記の時に必要になる登録免許税の算出でも必要になってきます。
これは、必ず最新の物を用意しましょう

また固定資産税は、1月1日現在の所有者にその年の1年分の納税通知が来ます。
なので売却等移転登記をしたら、経過月に応じて払い戻されるのが一般的です。

住マイくん
「固定資産税納税通知書」と「固定資産税評価証明書」が必要。メモメモ。

+クリック「身分証明書・印鑑証明・実印、住民票」

 売主の確認書類になり、その物件が共有所有になっている場合は所有者全員分が必要です。

印鑑証明書は発行後3ヶ月以内の物が原則ですが、査定段階では印鑑証明の準備なくてもいいでしょう。
住民票は、登記上の住所と現住所が違う時のみ必要です。

査定の段階ではなくても問題ないですが、共同所有で遠方に住んでいる人などがいる場合、必ず事前に打ち合わせをして売却する時はすぐに用意できるようにしておきましょう。

住マイくん
「住民票」と「実印」は必須。「印鑑証明」と「住民票」は場合によっては必要。メモメモ。

+クリック「土地測量図・境界確認書」

 一戸建てや土地の売買に必要で、とても大事な書類です。
境界線が明確でないと、その後のトラブルになるリスクが大きくなります。

さらに査定額にも影響するので、もし境界線が明確でない場合は、隣接地の土地所有者と協議をして土地測量図を作成しておくとよりスムーズに進むでしょう。

住マイくん
「土地測量図・境界確認書」は必ず必要。メモメモ。

+クリック「建築確認済み証及び検査済み証・建築設計図書・工事記録簿等」

建築基準法など、法令に順守して建築された事を証明する書類のことで、売主・買主にとって必要な書類です。

建築設計図書や工事記録簿は手続きに必要な書類ではないですが、物件の手入れ状況や将来のリフォーム、メンテナンスに役立つ情報なら買主の信頼につながるでしょう。

住マイくん
「建築確認済み証」や「検査済み証」は必ず必要。「建築設計図書や工事記録簿」は場合によっては合った方がいい。メモメモ。

不動産売却で場合によっては必要になる書類

不動産売却で場合によっては必要になる書類

マンションを売却する時や土地を売却する時、あると役に立つ書類も紹介しておきます。
あれば得をする場面もあるので自分が必要か確認してみて下さい。

+クリック「マンションの書類」

「管理規約、使用細則」など管理費や修繕のための「積立金・町内会費」や、「管理組合費」など維持費類に関する書類です。

マンションを売る時に、そのマンションのルールや維持費などはとても重要でしょう。
また購入時のマンションのパンフレットなどもあるといいと思います。

管理人にいえばもらえる場合もあるので、商談や査定の時点で用意しておくようにしましょう。

住マイくん
管理人さんに聞いてみる。メモメモ。

+クリック「耐震診断報告書・アスベスト使用調査報告書等」

これがないと売却できないというものではないです。
しかし近年のアスベスト問題や、震災問題で重要視されてきています。

新耐震基準が定められる前に建てられた物件の場合は、提出を求められることもあるでしょう。

住マイくん
「耐震診断報告書」や「アスベスト使用調査報告書等」は必ず必要ではないが、あった方がいい。メモメモ。

+クリック「その他書類など」

・地盤調査報告書
・住宅性能評価書
・既存住宅性能評価書等
・客観的に物件構造等を表すデータ

上記の書類は、買主の信頼度アップ・購入意欲の向上につながるでしょう。

たとえば

・「購入時の契約書・重要事項説明書」
・「販売時のパンフレット」
・「広告」
・「契約書(購入当時の物)」
・「重説(重要事項説明書)」
・「販売時にもらったパンフレット」
・「公告」

などがあります。

住マイくん
あった方が売る時に有利になるかもしれない。メモメモ。

+クリック「土地を買う場合の書類」

土地を買う場合は売買契約書住民票が必要となります。
他には手付金や住宅ローンなど、お金の話しをしっかりまとめて契約できていれば問題ありません。

また登記に必要でなくても、売る時に必要な書類の確認をしっかりあいてに求めるのは有効です。

住マイくん
な~るほど!必要な書類って結構たくさんあるんだね!もう一回見直してメモしておこう。

不動さん
そうだね!一回だけだと覚えれないからメモしてしっかり覚えておくことが大切だね。必要な書類は必ず先に準備しておこうね!後々のトラブルを避けるためにも準備はぬけのないように!!

まとめ:不動産売却を決めるのは自分自身

不動さん
最終的に依頼する会社を決めるのは自分自身だけと事前に準備をして知識をしっかりつけておけば高額に早く売却できそうなイメージが持てたんじゃないかな?

住マイくん
うん!ここまでの解説でたくさんのことがわかったよ!

自分には一括査定サイトは合わないと思えば、近くの不動産会社に頼んだり、ネットで大手の不動産会社に頼んでみてもいいと思います。
あくまでも一括査定サイトは手段の1つで、このサービスを利用したからと言って必ず不動産が高く売れるわけじゃないからです。

自分に合った不動産会社を探す!そしていろいろな会社を比較する!それで自分が依頼したいところを見つけるために利用するといいでしょう。

住マイくん
結局、不動産を売るのは自分自身だもんね!最終的な目的を忘れずにしっかり準備をして挑むことにするね!

不動さん
もし他にもわからないことがあったら検索窓から調べてみてね。

不動産の売却で悩んでいる方が、納得して満足のいく売却ができれば幸いです。
当サイトを見て感想を頂けるようであれば「問い合わせ」から気軽にご連絡ください。
より良いサイト作りの参考になればうれしいです。

【当サイトの登場キャラクター】

住マイくん

住マイくんプロフィール画像

不動産の売却のことで日々悩んでいる。
スムーズに不動産を売却する方法やより高く売れる方法を探しているが自分で検索したり、考えたりすることが苦手。

趣味は、「内覧に行くこと」

不動さん

不動さんプロフィール画像不動産会社に勤めている不動産売却のプロ
今までの不動産売却経験を生かして住マイくんのさまざまな疑問に的確に答えてくれる。

子供のころの夢は「教師」。そのため教えるのが上手いのか?

住マイくん
なんか恥ずかしいね。

不動さん
あらためて紹介されると照れるな。





よく読まれている記事

320view

住マイくん ねぇねぇ不動さん、「不動産の一括査定サービス」って知ってる?不動産が高く売れるって聞いたんだけど本当? 不動さん 半分あってるけど、半分違うかな~。 確かに不動産の一括査定サービスを使えば ...

超人気記事

住マイくん 不動産一括査定サイトのイエウールってどんなサイトなんだろう? 不動さん イエウールについて気になってるみたいだね!そんな住マイくんのために詳しく紹介するよ! あなたは、 「イエウールって信 ...

414view

住マイくん 不動産一括査定サイトのHOME4Uってどんなサイトなんだろう? 不動さん HOME4Uについて気になってるみたいだね!そんな住マイくんのために詳しく紹介するよ! あなたは、 「HOME4U ...

248view
3種類の不動産一括査定サイトを厳選!!最新ランキング!画像

住マイくん 不動産の一括査定サイトを利用しようと思ってるんだけど、調べたらたくさん出てきた・・・。こんなにたくさんあったらどこに頼めばいいかわかんないよ。 不動さん 不動産の一括査定サイトって僕の知っ ...

198view

住マイくん 不動産一括査定サイトのイエイってどんなサイトなんだろう? メリット 不動さん 不動産一括査定サイトのイエイについて気になってるみたいだね!そんな住マイくんのために詳しく紹介するね! 「イエ ...

投稿日:2017年5月31日 更新日:

Copyright© 世界一わかりやすい不動産売却術 , 2019 All Rights Reserved.